業務用スチールラック・物流機器のタナサイズ > 業務用スチール棚 中量耐荷重300kg/段 > キャスター付き本体

キャスター付き 500kg/段 中量スチールラック (高さ900×横幅1855×奥行910)

  • キャスター付き 500kg/段 中量スチールラック (高さ900×横幅1855×奥行910)
  • キャスター付き 500kg/段 中量スチールラック (高さ900×横幅1855×奥行910)
  • キャスター付き 500kg/段 中量スチールラック (高さ900×横幅1855×奥行910)
  • キャスター付き 500kg/段 中量スチールラック (高さ900×横幅1855×奥行910)
  • キャスター付き 500kg/段 中量スチールラック (高さ900×横幅1855×奥行910)
  • キャスター付き 500kg/段 中量スチールラック (高さ900×横幅1855×奥行910)

本体画像 製品画像300_1-xs.jpg 製品画像300_2-c-xs.jpg 製品画像300_3-xs.jpg 製品画像300_4-xs.jpg 製品画像300_5-xs.jpg

キャスター付き 500kg/段 中量スチールラック (高さ900×横幅1855×奥行910)

商品コード: SO-H145S-G-02-C~ SO-H145S-W-10-C

納期目安: 1週間以降

製品コード 製品種別 価格
SO-H145S-W-02-C 2段 × ホワイトグレー 36,890円
SO-H145S-G-02-C 2段 × ライトグリーン 36,890円
SO-H145S-W-03-C 3段 × ホワイトグレー 45,700円
SO-H145S-G-03-C 3段 × ライトグリーン 45,700円
SO-H145S-W-04-C 4段 × ホワイトグレー 54,230円
SO-H145S-G-04-C 4段 × ライトグリーン 54,230円
SO-H145S-W-05-C 5段 × ホワイトグレー 62,810円
SO-H145S-G-05-C 5段 × ライトグリーン 62,810円
SO-H145S-W-06-C 6段 × ホワイトグレー 72,040円
SO-H145S-G-06-C 6段 × ライトグリーン 72,040円
SO-H145S-W-07-C 7段 × ホワイトグレー 81,080円
SO-H145S-G-07-C 7段 × ライトグリーン 81,080円
SO-H145S-W-08-C 8段 × ホワイトグレー 89,080円
SO-H145S-G-08-C 8段 × ライトグリーン 89,080円
SO-H145S-W-09-C 9段 × ホワイトグレー 93,130円
SO-H145S-G-09-C 9段 × ライトグリーン 93,130円
SO-H145S-W-10-C 10段 × ホワイトグレー 101,810円
SO-H145S-G-10-C 10段 × ライトグリーン 101,810円
販売価格:
¥
36,890 ~ ¥101,810
ポイント: 368~1,018 Pt
メーカー:
タイガーラック
業務用スチールラック 中量 耐荷重500kg/段 (高さ900×横幅1855×奥行910:単体形式)


支柱サイズはラインナップ中最大

200kgタイプの40mm×40mmより更に大きくなった支柱のサイズはラインナップ中では最大の55mm×55mmのコの字支柱。設置した棚板にかかった荷重を支えます。また自立させた際の安定性も向上。整然と荷物を積載し、効率的な収納が可能になります。


1段の荷重を複数枚で支えます

棚板は1段に2枚または3枚を並べて使用します。(D480mmとD620mmは2枚、D700とD910は3枚)

棚板の「たわみ」を最大限抑制

奥行方向に長い棚などは「1枚の板」だとどうしても中心部分に荷重が集中し、「たわみ」が発生しがちです。 その点、この300kg/段タイプは割板仕様となり、独立したそれぞれの棚板で荷重を受け止めるため「たわみ」の発生を極力抑える事ができます。


ドライバーやレンチなど必要ありません

スチールラックの組立と言えばネジを回すドライバー、ナットを回すレンチ。それぞれ用意をして、各パーツのネジ締めを行う必要がありました。しかしこのボルトレスラック300kg/段タイプは「叩く」だけで組立出来るため、必要な工具はハンマー1本だけでOK!

ボルトレスラックの組立の際に必要な1ポンドコンビ樹脂ハンマーが初回ご注文時に限り通常1,100円(税込)を550円(税込)で購入可能です!

購入はこちら


ツメと穴の噛み合わせで強力固定

「ボルトレス」ラックは読んで字の如く「ボルト」を「一切使いません」。各パーツに施された「ツメ」と「穴」のかみ合わせで棚自体の組立を行います。


金具の強度に依存しない構造

ボルトを使うスチールラックではその耐久性が「ボルト」の耐久性に依る部分が大きいのに比べ、「ボルトレスラック」ではボルト使わず棚全体で荷重を分散し荷物を支えるため、耐久性も非常に優れています


棚受け金具全体で荷重を支えます

右写真の通り棚受け金具の「受け」部分は奥行方向に広く取られており、その「受け」部分全体で棚板の荷重を支えます。ボルトを使うタイプのスチールラックでは荷重がボルトの軸部分にかかるため、耐久性・安定感は当然ボルトレスタイプに分があります。

棚板は「固定」ではなく「置く」だけ

棚板は棚受け金具の受け部分にそっとスライドさせるように「設置」します。荷物を積載することで上方向からの荷重がかかり棚板はより安定・固定化されます。