手動レール式移動棚・移動ラック

新設・既設を問わず導入可能!滑らかな移動と安全性を高め、省スペースで大容量の収納が可能になるタナサイズのレール式移動ラック

受注生産品 納期約3週間 見積もり無料・現場調査ご相談 全国設置対応

積載段あたり1t~3t レール式移動棚・重量ラック 倉庫作業、収納の効率化

重量物積載時も「なめらか」で「静か」な移動作業!

レール式移動棚とは

レール式移動棚は通常固定棚として使用される業務用スチールラックを車輪付きの台車に積載し、床面へ敷設したレール上を自由に移動させる事が出来る収納システムです。レール式移動棚は固定棚と比較して作業スペースの確保が1箇所で済むため、面積に対しての収納効率を飛躍的に向上させることが出来ます。

狭小スペースへ大容量収納!手動でスムーズな移動が可能

動画でご確認ください

弊社では社内の狭小スペースへ実際に移動棚を設置し使用しております。
棚には大量の書類を収納しており、棚の総重量は約400kgですが動画のようにスムーズに動きます。
※動画内の棚は【側面パネル】【ハンドル】【足踏み式ストッパー】オプション付きの製品

1.2トンでも5kg以下の初期抵抗を実現

棚の動き始めに掛かる負荷を抑えているのが、独自仕様のUMCキャスター。レールとキャスターの摩擦抵抗が小さく、重量物でもスムーズに動かすことができます。

特長1

デッドスペース削減+壁面有効活用で倉庫を広々と使用できます
スペースの有効活用で収納効率が現状の2倍以上を実現

同スペースで収納2倍以上を実現

移動棚を導入することで右図のように固定棚で発生する平面的な作業スペースを圧縮し、面積あたりの収納効率を大幅に向上させる事できます。

レイアウトは図面でご提案。
設計・設置までトータルにお任せ下さい

お客様のご要望に合わせて最も効率的な荷入れ・荷出し作業が可能になるレイアウトをご提案いたします。

ステンレス台車

最も一般的な固定ラック。様々な環境で利用されています。

ステンレス台車

移動ラックの場合収納数を大幅に増やす事が可能になります。

特長2

デッドスペース削減+壁面有効活用で倉庫を広々と使用できます
作業環境に適したレイアウト・仕様をご提案いたします

事例1 固定棚と移動棚を組合せて費用を抑えたい

○お客様のご要望○

狭い事務所内で保管している書類が増えて困っています…

【業種】士業事務所
【主な収納物】
毎日閲覧する書類
長期間保管義務のある書類


○弊社からのご提案○

固定棚と移動棚を組合せたレイアウトを考案し、効率化とコスト削減をご提案致します。

全ての棚を移動棚にするとコストが大きく嵩むため、なるべく固定棚を組み合わせたレイアウトを提案しております。
取出し頻度の低い長期保管書類は壁側の【固定棚】へ収納。毎日閲覧する資料は出し入れが容易な前面の【移動棚】へ収納することをご提案致しました。

ステンレス台車

事例2 倉庫の作業スペースを増やしたい

○お客様のご要望○

効率的に収納をして、まとまった作業スペースを確保したい…

【業種】製造小売業
【主な収納物】
多品種小ロットの金属部品


○弊社からの提案○

収納場所を集約することで、従来よりも広い作業スペースを確保することに成功しました

既に弊社で導入いただいていた中央の島部分の固定棚を壁側へ移動棚として再配置いたしました。移動棚の導入により作業スペースを約2倍の広さに拡大することが出来ました。

ステンレス台車

レール可動パターン

固定棚との組合せや取出し頻度、積載物の大きさ、設置場所などに合わせて最適なラック可動パターンをご提案致します。

スチール棚板 スチール棚板 ラック1台を1台の台車に積載するもっともシンプルな方法です。

フォークバー フォークバー ラック2台を背中合わせにし、1台の台車に積載するため、棚の両面から取り出しでき、コスト面・安全性に優れます。

スキッドデッキ フォークバー 連結したラック2台を1台の台車に積載するためコスト面で優れます。

スキッドデッキ フォークバー 連結したラック2セットを積載するため、背の高いラックや奥行きの狭いラックを使用する際に安全性を高めることができます。

特長3

環境に合わせた3パターンのレール施工方法をご用意
賃貸倉庫でも設置可能!柔軟性に富んだレール設置方法

弊社の移動棚では設置環境やお客様のご要望に合わせて3種のレール設置方法がございます。下記の3種から最適なレール設置方法をご提案させて頂きます。

(1)賃貸設置OK!アンカーレスのコンパネ(合板)施工

設置場所のサイズに合わせた合板(コンパネ)を床面へ敷き詰め、その上へレールを設置します。既存床への加工を行わないので退去時の解体・撤去が容易になり、現状復帰のコストが大きく削減出来ます。床面への穴開け加工を施す事が難しい倉庫や床材がコンクリート以外の現場等で利用されています。

コンパネ施工 設置の流れ
ステンレス台車
ステンレス台車

(2)最もシンプル且つ低価格。ノンモルタル(アンカー)施工

既存の床へ直接アンカーを使用してレールを固定する方法です。使用する部材が最も少ないため3種の中で最も低価格で設置が可能です。
※床面への穴あけが必要となります。要コンクリート厚100mm以上

ノンモルタル施工 設置の流れ
ステンレス台車
ステンレス台車

(3)床面とレールをフラットに。埋め込み施工

既存の床を削った上でレールをアンカー固定で設置。モルタルによる埋戻しを行い、乾燥後に台車+棚の設置を行います。床とレール位置がフラットになり、台車等の進入・通行が可能になります。美観的にも非常に優れておりフロントヤードへの設置にも向いております。

埋め込施工 設置の流れ
ステンレス台車
ステンレス台車

特長4

移動棚はキャスターが大切!
1.2トンでも5kg以下の初期抵抗を実現 UMCキャスターを標準装備

レール式移動棚
高級ベアリングが「スムーズな移動」を実現

高品質ベアリングを採用した移動ラック用台車のキャスターは高負荷時でも少しの力で移動させることができます。 移動時の騒音もごくわずかなので、快適かつ効率的な収納作業が可能になります。※すべてのキャスターは重量1.2トンでも5kg以下の初期抵抗

冷凍倉庫や超重量物にも対応!

キャスターの耐荷重ですが、標準・冷凍キャスターの耐荷重は500kg/輪、重量用キャスターは800kg/輪となっており、超重量物や冷凍倉庫(-43℃)でも可動できる仕様となっております。※積載する重量に合わせてキャスター数量が変わります。
お客様のお荷物・ご要望に合わせた移動棚の製造が可能となっておりますので、ご相談ください。

台車の種類

F台車

F台車アイコン

F台車はレールごとに台車があり、その上にラックを積載します。コスト面でも優れており、一般的にF台車を導入頂くことが多いです。

レール式移動棚

スーパー台車

スーパー台車アイコン

スーパー台車は、枠状の台車にラックを積載します。重量物の積載・2連結複式(4台抱合せ)・横引きに対応しており、汎用性の高い台車です。

レール式移動棚

特長5

メーカーや型式は問いません。ご相談下さい
既に組立設置済みの棚を移動式にリニューアル可能

積載物に合わせた耐荷重とサイズのスチールラックが選択可能

弊社が販売する軽量棚(120kg、150kg)、軽中量棚(200kg)、中量棚(300kg)、重量棚(1000kg~)を移動式として導入可能(※記載重量は棚板1枚あたりの積載荷重)
積載するお荷物や作業性を考慮したスチールラックのサイズ・モデル選定、レールのレイアウト、設置工事など設計・販売・設置まで一貫して弊社にご依頼いただけます。

既に設置済みの固定ラックも移動式へリニューアル可能

「倉庫のレイアウトを変更する予定だが、既に棚があるのでそちらを流用したい」等のご要望にも対応可能!設置済みラックの仕様に合わせて移動台車・レールを設計・製造いたします。

ステンレス台車

付属パーツ詳細

レール式移動棚
ステンレスレール
ステンレスレール

高品質なステンレスレール。防錆・腐食に強く注油等のメンテンスを必要としません。アンカー直接固定や床埋込など幅広い環境に対応。

ステンレス台車
ステンレス台車

ほんの少しの力でスムーズな移動を実現するステンレス製台車。標準キャスターはUMCナイロン製。高品質ベアリングを備えた重量用を採用。

合板
合板ボード(オプション)

合板施工の際に使用する合板ボードです。賃貸物件等、建物へ直接アンカー打ち等が出来ない環境でもレール敷設を可能に!床レベルをしっかり測量するので自走する心配もありません。

ステンレス台車
スチールラック

業務用の丈夫なスチールラックをご用意。120~500kg/段のバリエーションがあり、積載物や用途に合わせて最適なモデルをご提案致します。既存ラックもご使用頂けますので、ご相談ください。

ステンレスレール
クッションゴム

台車同士がぶつかるのを防ぐため、台車間に緩衝材としてクッションゴムを装着しています。

ステンレス台車
ストッパー

レールの終点部分にストッパーが付いており、思わぬ脱線を抑制します。

ステンレス台車
ライナー(合板仕様時)

床のレベル(水平)に合わせて使用します。合板(24mm防水仕様)の下に敷くことで、水平を保つことができます。

製品仕様

製品名 レール式移動棚
生産国 日本
材質 本体:スチール
レールベース/レール/台車:ステンレス(SUS403.SUS304.NSSC180)
キャスター: UMCまたは鋳物
耐荷重 1.5t~3.0t
標準付属パーツ レールベース(コンパネ施工を除く)・レール・台車・緩衝材
使用アンカー CTアンカー(M8)
※アンカー使用時
適応ラックサイズ 高さ(H):2100mmまで(最上段から天井までのクリアランスが300mm以上必要)
奥行(D):450mm以上(高さ2100mmの場合は600mm以上)
横幅(W):1800mmまで
■設置の注意点
・レールの始点・終点は壁や設置物より50mm以上の余裕を確保する必要があります。
・使用時に壁や設置物に干渉するのを避けるため、ラック+レール部材より約150~200mm程のクリアランスが必要です。
・通路幅は最低700mmを確保することを推奨しております。

オプション

レール設置方法に合わせたオプション

パーチクルボードコンパネ施工+化粧板

汚れやすい合板の表面に化粧板を貼ることで汚れ防止が可能です。オフィスなどにおすすめです。

スチール棚板コンパネ施工+フラット

レールの間にも合板を敷くことで、躓きなどの事故を防ぐとともに、レール間の清掃も容易になります。

フォークバーコンパネ施工+フラット+スロープ

レール間にも合板を敷き、スロープを取付けることで台車の乗り上げが可能になります。

スキッドデッキノンモルタル施工+スロープ

スロープを取り付けることで台車などが乗り越えられるようになります。


オプション

足踏み式ストッパー足踏み式ストッパー

自走を防ぐためのストッパーです。軽く踏むだけでON,OFFの操作ができるので容易に安全対策ができます。

転倒防止レール転倒防止レール

移動棚の転倒を防ぐための【返し】があるレールです。移動時や地震など転倒のリスクを抑制するオプションとなります。

天ツナギサイドパネル

移動の際の側面・背面からの落下を防ぐパネルです。目隠しの役目も果たします。

背ツナギハンドル

持ちやすいハンドルがあることで力が効率的に伝わり、棚をさらにスムーズに動かすことができます。


背面ビーム(背あたり)上部転倒防止ガイド

転倒防止のためのガイドです。移動時や地震など転倒のリスクを抑制するオプションとなります。

ガイドレール落下防止バー

片手でも簡単に開閉ができる構造となっており、積載物の出し入れの多い倉庫などでもスムーズにストレス無くご使用頂けます。

設置導入までの流れ

設置導入フロー図

お問い合わせフォーム

フリーコール 0120-555-290 お気軽にご相談下さい