お客様名 建設関連業者様(コーヒー店様倉庫)(大阪府)
納品/施工完了日 2018年 12月
製品モデル 重量パレットラック
数量 2台
価格レンジ
(施工費除く)
15万円~20万円
担当営業コメント コーヒー屋さんの倉庫にパレットラック2台を導入していただきました。  

通常は置かれるものの荷姿からパレットラックの寸法を選定させていただきますが、今回はすでに倉庫に設置してあるラックに合わせて設置をしたいということで、寸法指定でご依頼いただきました。

パレットラックは前後のビーム(間口方向の梁部材)の上に直接パレットを載せることを前提としているため、スチールラックの棚板にあたる部材がありませんが、パレット積みのお荷物以外にもダンボールなども収納されるということでしたので、1台はパーチクルボード貼り仕様にしております。

パーチクルボードはスチールの板に比べると安価ですので、価格を重視される際の板張りにおすすめです。

弊社ではパレットラックの製造可能サイズを6000までとご案内しておりますが、お客様のご希望のラックの高さが6200とかなり高さのある仕様でした。かつスペースにも限りがあるということをお聞きしておりましたので、今回は私とメーカー担当者、施工業者と実際に現地を見せていただきました。

高さ6200ですと通常は背面にブレースが入りますが、背面ブレースが入ると既存のラックと前ツラを合わせることができないため、背面ブレースを入れないことをご要望としてお聞きしましたので、設計の者と相談しアンカー本数を増やして固定度を高め、背面ブレースを無しにするという内容で最終的にご提案させていただきました。

施工を含むパレットラックの納品は専用チャーター便でのお届けするのが基本となっております。
パレットラック2台ですと4トントラックで納品できることがほとんどですが、6200の支柱がありましたので、今回は10トントラックでの納品となりました。

車上渡しとなりますので、フォークリフトなどで荷降ろしを行う必要がございますが、基本的にはパレットラックの組立施工費には荷降ろしの費用も含まれておりますので、フォークリフトをお借りして施工業者が荷降ろしを行います。

パレットラック設置にはレベルの調整やアンカー打ちのための墨出しなどが必要となりますので、パレットラックの導入をご検討されている場合は、ぜひ経験豊富な職人におまかせください!

今回のように製造可能サイズを超える寸法でも条件によっては対応が可能でございますので、諦める前に一度ご相談くださいませ。