お客様名 T 様(神奈川県)
納品/施工完了日 2018年 12月
製品モデル 重量パレットラック
数量 1台
価格レンジ
(施工費除く)
7万円~10万円
担当営業コメント ご自宅のガレージにガレージロフト風に設置されたいということでご相談いただき、高さ2500 有効間口2800 奥行き1200のパレットラックに、亜鉛メッキ加工を施したフロア材を貼る仕様で納品させていただきました。

通常、パレットラックは前後のビーム(間口方向の梁部材)の上に直接パレットを載せることを前提としているため、スチールラックの棚板にあたる部材がありませんが、ガレージ内で車のパーツや趣味のものなどを置かれる物品棚としてお使いになるということでしたので板貼り仕様にしています。

今回使用したフロア材というのはその名の通り、床材です。通常の一枚板のスチール棚板に比べてたわみにくい割板仕様になっています。

今回はそのスチールフロア材を亜鉛メッキ仕様にしています。

もともと、アルミやステンレスなどをご所望されていましたが、標準のオプションとしてもご用意がなく非常に高額になるため、代替案として屋外用溶融亜鉛メッキ(ドブメッキ)をご提案させていただきました。

そしてやはりこのラックで目を引く点といえば、色ではないでしょうか。

とある国内工具メーカーのコーポレートカラーとほぼ同色化したいということで、赤色をご希望されていました。

パレットラックってこんな色もあるの?とお思いになった方もいらっしゃるかと思います。弊社のパレットラックの標準塗装色はホワイトグレーまたはライトグリーンですが、別色塗装の対応も可能です!別色塗装の際は、マンセル値や、日塗工の色番号をお知らせください。

T様にも別色塗装のご提案もさせていただきましたが、なんと、T様は、ご自身で塗装されました!支柱の穴の部分などは塗装が難しかったとおっしゃっていましたが、とても美しく塗装されています。

台数がまとまればそれほどのコストの差にはならない別色塗装の費用ですが、やはり1台だけとなりますと、コストは高くなりがちです。(今回のケースですと、別色塗装の場合は+6.5万円程度のお見積りとなりました)

簡単ではないと思いますので、安易にオススメはできませんが…お客様ご自身で塗装するという選択肢もありなのかもしれませんね。

ちなみにT様は建設業をされていた方で、現地測量や組立て施工にはある程度の知識と経験がおありということで、組立もご自身でされました。

パレットラック設置にはレベルの調整やアンカー打ちのための墨出しなどが必要となりますので、通常は施工費を含めてお見積させていただきますが、組立設置なしで物品納品のみ、ということも対応可能です。

今回T様はかなり入念に下調べをされていて、その上で、イメージがわかる手書きの図面も送っていただきました。(写真3.4.5枚目)

T様の場合は寸法もイメージもしっかりと確定されており、図面もかなり詳細まで書き込んでいただいていますが、寸法などが確定していない場合や、パレットラックがどういうものかわからないけれど、こういう棚が欲しい!という場合でも、簡単な手書きの図面やイラストがあるとイメージの齟齬が生じにくく、スムーズにご提案することができますので、ぜひ、お気軽にご相談くださいね。

T様のまるでショウルームのような完璧な空間に、弊社のパレットラックが設置されており、感激している次第です。