業務用スチール棚耐荷重200kg/段

写真付きで組立方法をわかりやすく解説

組立方法|軽中量200kg/段

業務用スチール棚耐荷重200kg/段 軽中量200kg 送料無料 10年保証 ボルトレス 最短翌営業日

ハンマーで簡単に組立できる万能型ラック! ドライバーやレンチなど必要ありません!※1段あたりに均等静止荷重で200kgまで、1台あたりに最大1000kgまで積載可能。

初めにお読みください

1.付属品の確認をお願いします
はじめに付属品が揃っているか、不足・破損がないかを確認してください。
2.説明書通りに組み立ててください
部材の向きに注意して組立ててください。金屬部材同士を嵌め込んでいくため、ゴムハンマーが必要となります。→ 説明書はこちら
3.組立作業は2人以上を推奨
ラックを起こす作業がございます。安全の為2人以上の作業・手袋の装着を推奨しております。
2人で組立てた場合の所要時間:20分程度
4.キャスターについて
キャスターを取付けてご使用頂く場合はロックピンをボルトに変更してください。

部材名

ラック部材名

梱包状態

お届け時の梱包状態
ラック1台あたりに必要な部材の数
支柱 棚板 間口桟 棚受け 天受け ベースキャップ
4本 段数×1枚 4本 (段数-1)×2本 2本 4個

STEP1 支柱に部材を取付し、支柱フレームを組立する

棚板を載せるための棚受けを支柱に取付けます。床面保護のために養生などを敷いて作業を開始してください。

1.ベースキャップを取付けする

支柱の上下に注意して、ベースキャップを取付けてください。支柱穴が細くなっている方が下になります。

2.棚受けを取付する

柱の開口部を内側に向かい合わせて棚受けの爪を支柱の穴にあてがい、ハンマーで叩いて取付します。※段の位置はこの時点で確定するので事前に必要な空間寸法を計算した上で取付してください。

3.天受けを取付する

形状は棚受けと異なりますが取付方法は基本的に同じです。

4.合計2セット作成します。

1~3の工程を繰り返し写真の形の支柱フレームを2セット作成します


STEP3 支柱フレームに間口桟(ビーム)を取付する

間口桟を取付けると棚の枠組みの完成です。STEP1の支柱を起して作業をするので、2人以上で作業を推奨しております。

1.下側の間口桟を取付する

支柱フレームを立ち上げた後、支柱穴に間口桟の爪をハンマーを使って叩き込みます。

2.セーフティピンを差し込む

間口桟がしっかりと取付けられたら、部材が外れないようにセーフティーピンを差込ます。

3.上側の間口桟を取付する

下側の間口桟で行った作業を上側の支柱穴でも同様に行います。


STEP4 棚板を設置する

支柱フレームに取付した棚受けおよび天受けの「受け部分」に棚板を設置していきます。

1.最上下段に棚板を設置する

棚板は手前から奥に滑らせるように入れるとスムーズに入れることができます。

2.中間の棚板を設置する


STEP5 連結(単体+増連)で設置する場合の手順

ラックを複数台横方向に連結する際(増連モデル)の組立手順を説明致します。

1.支柱フレームを間口桟で繋ぐ

増連分の支柱フレームと単体形式の支柱フレームに間口桟を取付し連結します。またこの際単体側のフレームにも棚受けを取付しておきます。

2.同様に棚板を設置する

単体のときを同じ要領で棚板を設置します。


STEP6 完成

支柱と棚板の取付

組立説明書のダウンロード

業務用スチールラック200kg/段タイプの組立説明書のPDFファイルをダウンロードいただけます。
PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe® Reader ® が必要です。最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

AdobeRaderのダウンロード

PDFファイル  業務用スチールラック200kg/段タイプ組立説明書

PDFファイル  転倒防止ベース取付方法

スチールラックかんたんサイズ検索 ご希望の条件をクリックするだけで簡単に在庫・納期・価格検索ができます!

2021年2月より、提携工場との協力でコストダウンを実現した新シリーズ(YSシリーズ)が登場しました。

2021年2月以前に旧シリーズ(SOシリーズ)をご購入いただいたお客様は、こちらより今後もご購入いただくことが出来ます。